カウンター

  • カウンター
    Since 2007.1.16
    MAX: 5568(2017.1.3)
    open: 2005.9.24
    transfer:2007.1.26

2018年11 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

作者連絡先

  • JR線+αのきっぷを集めたブログです。ブログの趣旨や作者詳細については↓の裏コンテンツの「作者ひとこと」をご参照下さい。
    twitter:@imadegawa075
フォトアルバム

« 京都丹後鉄道の連絡券2 | メイン | クレメントプラザ乗車票(特急券) »

2016年7 月 5日 (火曜日)

コメント

takeda

こんばんは。
私も先月、個人的な途中下車の旅で降りました。本文の最後の部分は同感です。吹き抜ける風がとても爽やかで気持ち良かったです。
ここで切符は買いませんでしたが、縦書きで「信の境」と記されたユニークな途中下車印を綺麗に押印して頂けて記念になりました。
(簡易委託駅で、普通乗車券の途中下車の制度を理解していらっしゃるかな、と心配でしたが、全くの杞憂で、パッと机の引き出しから下車印を取り出されていました。)

むーむー

常備券であっても、受託者が「前払いで」「まとまった冊数を」「一度に」払わなければならず、受託者の負担は結構な額で存在します(持逃げを防止する観点からです)。
POS導入に否定的な方はどうもそのことをお忘れなようで……。

今出川

>takedaさん
信濃境は常備券がなければおそらく縁がなかったと思います。POS端末になってからでも、たまには行ってみようかと思っています。

>むーむーさん
まさかPOS導入否定派=私のこと言ってます??利用料負担のあり方には否定的ですが、導入そのものには賛否を表明していません。
隣のオレンジの会社が簡易委託駅に無償でマルス端末を貸し出しているのと比べると、自社のきっぷを売るPOS端末の利用料を受託者に負担させるのはやはりどうかと思います。きっぷを受託者に「売ってもらっている」オレンジの会社と「売らせてやっている」JR東の考え方がそのまま表れていて面白いですが。

青い鳥ファン

いつも楽しく拝見させていただいています。

4日に信濃境駅を訪問したのですが、4月1日から無人化になるようです。待合室内にカバーがかけられた自動券売機が準備されており、「無人化は4月からだけど、3月いっぱいは券売機の指導をやるだけだから、きっぷ類の発売は2月末で終了するんだよ」、と委託氏が語ってくれました。

今まで委託が続いていたことが奇跡だったのかもしれないのですが、いい雰囲気の駅なので、無人化は残念でなりません。

今出川

3月から券売機が入り、4月から無人化されるという話は聞いていたんですが、POS窓口での発売が2月までとは知りませんでした。
信濃境も券売機が入ってSuica対応になるとはいえ、簡易委託解除・無人化は残念ですね。

この記事へのコメントは終了しました。

サイト内検索

  • カスタム検索

月別アーカイブ

Powered by Typepad
登録年月 01/2007