カウンター

  • カウンター
    Since 2007.1.16
    MAX: 5568(2017.1.3)
    open: 2005.9.24
    transfer:2007.1.26

2017年2 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のコメント

作者連絡先

  • JR線+αのきっぷを集めたブログです。ブログの趣旨や作者詳細については↓の裏コンテンツの「作者ひとこと」をご参照下さい。
    twitter:@imadegawa075
フォトアルバム

コメント

えびの2号

那覇市内にはマルス端末は何台あるか気になるところです。私は2006年末にJTB沖縄支店で日豊本線のきっぷを購入しましたが、端末操作は意外と慣れた手つきでした(笑)

今出川

裏コンテンツの初コメントありがとうございます。

沖縄は47都道府県で唯一未踏の地なので、さっぱり想像が付きません。JTBにマルス端末があることを知って意外に思ったぐらいです。

たく

JR北海道内、トマムと中標津だけに残る「トラベルセンター」ですが、トマムはご承知の通り「トマムトラベル」ですが、中標津は「中標津トラベMR」となっています。
確かに統一性が無いですね。。。端末記号を省略するのは本社管轄がほとんどのような気もします。
ツインクルプラザと名乗らない、○○駅旅行センターでも「○○支店」で、名称から駅直属なのかと思いきや、別に所長・副所長もいてよくわからないでいます。

鉄道部長

JR西日本のe5489サービスのチケットレス特急券の利用範囲が広がったので早速使って来ましたが、発売箇所表記が以前と変わっていました。
「西予約セe001」となり、神戸が無くなって「e」が入ったのが真新しい点で、10月から変わったのかもしれません。
電話予約の5489サービスも発売箇所表記が変わったかもしれませんが、こちらは未確認です。

鉄道部長

JR西日本のエクスプレス予約の発行箇所も変わっていました。
JR東海と同じような表記で「西EX予約」です。
いつから変わったのか判りませんが、EX-ICが山陽新幹線に拡大された頃でしょうかね…。

今出川

>たくさん
トマムトラベルセンターはJR北海道の「旅行センター」の中になかったので、ここでは掲載しませんでした。
JR北海道管内はツインクルプラザ、JR北海道プラザ、従来どおりの旅行センターが入り乱れてて、違いがよくわからない状態になってますね。

>鉄道部長さん
情報ありがとうございます。
新しくチケットレス特急券が設定された区間については今度試してみます。9月下旬の連休にエクスプレス予約を使った際は従来どおりの「西神戸予セ」だったので、変わったのは本当にごく最近だと思います。

マルス2号

JR西日本の予約センターは取扱件数増加に伴い神戸市内の施設が手狭になった事から10月頃に機能の一部を尼崎市内に移転したものと思われます。
これに伴っての端末名称変更かと推察されます。

えびの2号

MV端末について、コメントさせていただきます。JR九州大分駅に設置されているMV35型ですが、しばらく前から『インターネット・九州電話』予約分受け取りの機能が追加されています。先日試しましたが、『インターネット・・』口座選択後、カード挿入→予約番号入力→発券の流れでした。MV40では予約番号入力は不要ですので、ソフトが異なるようです。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

サイト内検索

  • カスタム検索

月別アーカイブ

Powered by Typepad
登録年月 01/2007