カウンター

  • カウンター
    Since 2007.1.16
    MAX: 5568(2017.1.3)
    open: 2005.9.24
    transfer:2007.1.26

2017年5 月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

作者連絡先

  • JR線+αのきっぷを集めたブログです。ブログの趣旨や作者詳細については↓の裏コンテンツの「作者ひとこと」をご参照下さい。
    twitter:@imadegawa075
フォトアルバム

« 民営化30周年 | メイン | 博多お買い物往復きっぷ »

2017年4 月 7日 (金曜日)

コメント

やきのり

他の方の記事だったかもしれませんが、以前、フェリー(民間)と鉄道、バス(民間)と鉄道の連絡券の写真を見て、連絡券は鉄道同士しか無いものと思っていたので、大変驚いたことが有ります。

鉄道は2本のレールが遠い所までも繋がっている、と言う親近感、安心感のようなものが有ります。
同じように乗車券も、会社が違っても(JRは除く)、目的地が記載された1枚の乗車券は、まるで繋がったレールのような気持ちを感じます。

連絡券の廃止・縮小は、時代の流れとは言え、寂しさを感じますね。

今出川

私が連絡券を集め始めた頃は船との連絡運輸もそれなりにあって、実際に東日本フェリーや江崎汽船・明淡高速船なんかは実際現地まで買いに行きました。
ICカードの普及や会社間の精算の手間を考えると、連絡運輸が縮小していくのはある程度やむをえない感はありますが、寂しさは確かにありますね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

サイト内検索

  • カスタム検索

月別アーカイブ

Powered by Typepad
登録年月 01/2007