カウンター

  • カウンター
    Since 2007.1.16
    MAX: 5568(2017.1.3)
    open: 2005.9.24
    transfer:2007.1.26

2017年7 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

作者連絡先

  • JR線+αのきっぷを集めたブログです。ブログの趣旨や作者詳細については↓の裏コンテンツの「作者ひとこと」をご参照下さい。
    twitter:@imadegawa075
フォトアルバム

« 単駅指定の区間変更券 | メイン | アンチ新幹線? »

2011年1 月31日 (月曜日)

コメント

マルス2号

近距離券売機での発売を開始したのは中央線の線区の特情もあり、特急の利用促進に繋げたい思惑があるようです。
八王子支社は首都圏で唯一普通列車グリーン車の設備がないため、代替サービスとして特急列車の近距離利用を促し増収に繋げていくことに全力をあげていく考えである。
そのために、発券スピードが速くSuicaも使用できる近距離券売機に口座を設定し、より気軽に回数券を購入できるようにするとともに更なる特急列車の利用促進に繋げていく考えである。

今出川

私は「指定席券売機」に限定せず、ホーム上の特急券券売機でも買えるようにするぐらいでないとダメだろうなと感じてました。
発売の手間を省きたいのはわからなくもないですが、発売箇所を限定=売り上げに影響するという考えが欠落しているように思います。

よこりん

ホームの券売機で売ると、正札客からの売上が落ちると考えているのではないでしょうか。売上は上げたいけど経費はかけたくない、しかも取れるところからは取りたい…という妥協の産物として指定席券売機限定にしたのでは?

この記事へのコメントは終了しました。

サイト内検索

  • カスタム検索

月別アーカイブ

Powered by Typepad
登録年月 01/2007