カウンター

  • カウンター
    Since 2007.1.16
    MAX: 5568(2017.1.3)
    open: 2005.9.24
    transfer:2007.1.26

2017年7 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

作者連絡先

  • JR線+αのきっぷを集めたブログです。ブログの趣旨や作者詳細については↓の裏コンテンツの「作者ひとこと」をご参照下さい。
    twitter:@imadegawa075
フォトアルバム

« 市内移動 | メイン | 津軽→つがる »

2009年7 月30日 (木曜日)

コメント

マルス2号

お疲れさまです。今出川さんの予想通りMR端末では幹特在特の指定料金券(差額のみ)を一葉で発券する事が可能です。券種タイトルは『新幹線指定料金券』となります。九州新幹線開業時より対応可能で英語表記でも発券できます。
しかし画像の日本旅行QRシステムでは通常の幹特在特一葉券にすら対応できず席無特急券+指定のみ券2枚となります。これは旅端を改修するのに多額の費用が必要なのに対し、幹特在特は新幹線全線開業までの一時的な制度のため改修する必要なしと判断された事が理由です。

MT54

九州は本当に独特な制度が多く、ある意味「曲者」ですからね・・

MR端末では指定料金券のラッチ内乗継も二列車までは一葉で発券出来たはずです。尚、日本旅行のQR端末は大手AGTの共同サーバーが稼動する来年春までに全店新型端末に置き換えられる予定です。

今出川

>マルス2号さん
「新幹線指定料金券」にはまだ遭遇したことがありません。再来年には九州新幹線が博多まで開業するとこの制度もなくなるかもしれませんので、課題としては早めにクリアしておきたいものです。

>MT54さん
今度はどんな魔物に遭遇するか恐ろしくもあり楽しみでもあります。
博多近辺の駅は全て感熱化されてしまっていますから、日旅Tis博多支店は重宝しています。ヲタな対応にも親切で助かっています。

この記事へのコメントは終了しました。

サイト内検索

  • カスタム検索

月別アーカイブ

Powered by Typepad
登録年月 01/2007