カウンター

  • カウンター
    Since 2007.1.16
    MAX: 5568(2017.1.3)
    open: 2005.9.24
    transfer:2007.1.26

2017年7 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

作者連絡先

  • JR線+αのきっぷを集めたブログです。ブログの趣旨や作者詳細については↓の裏コンテンツの「作者ひとこと」をご参照下さい。
    twitter:@imadegawa075
フォトアルバム

« カニ食いね~ | メイン | お先にトクだ値(新幹線) »

2008年10 月19日 (日曜日)

コメント

たく

とても参考になりました。
品川→名古屋片道で、都区内→名古屋は6090円ですが、
品川からで計算すると5780円になるので、
「東京じゃなく品川からで計算して欲しい」と言ったら駄目でした。
単純な切符で「都区内・市内にしないで欲しい」では駄目なのですね。

ららら

例えば静岡-品川の場合、山手線内が適用され運賃は東京駅まで3260円ですが、静岡-品川-大井町ですとゾーンが適用されず2940円で320円お得になります。他にもゾーン制度をうまく使えばお得になる区間がたくさんありそうです。

ただ新幹線モバイルsuicaやEX-ICのように特定都区市内ゾーンを適用しない利用方法が進んでしまうとゾーン制度そのものの存在が危ぶまれるのではないかとも思っています。

今出川

>たくさん
市内制度は強制適用されてしまいますね。単駅指定にできるのは一旦市外に出て再度市内を通るこのような場合と、株主優待関連と認識しています。

>らららさん
市内制度は国鉄時代の「東京電環」を端緒としていますから、そろそろ見直しがあってもいいような感じがしなくもないです。適用される都市もあいまいな感じがしますし…。

この記事へのコメントは終了しました。

サイト内検索

  • カスタム検索

月別アーカイブ

Powered by Typepad
登録年月 01/2007